« 春の三色 | Main | 気功でほっこり »

一燈園の春・卒業式

P3190019

今日3/19は子供の小学校の卒業式で一燈園に行きました。
http://www.ittoen.or.jp/

小2から編入しているので、まる5年。
私自身もとてもたくさんの学びがありました。

振り返ると、ちょうど気功協会設立の年。
大いに、悩み、迷い、考えた時期です。
一燈園と出会う中で、これでいいんだなあと、
ふと想えるものがありました。
それが、あまりにも自然で、
あまりにもあたりまえにそこにあるのです。

それは自然の摂理のままに生きていくということでした。
そうすれば、何の難しいことも、
心配も、不安も、そしてあきらめも必要ない。
ただ、目の前の自分の課題に正面から向き合えばいいだけだということが、
とてもはっきりしました。

その同じ頃、中国気功界の大人物、
劉漢文さんとの直接の交流がはじまり、
毎年学びを積み重ねてきました。
そのテーマも自然。
講義では、
「どんな感覚がありますか?」と繰り返し問われました。
「ただ、言われた通りやるのではなく、感覚がなければ意味が無い。」
「自然が先生です。私たちは自然を学ぶ同じ生徒」
「リラックスして、小学生のクラスメイトのように交流しましょう」と
講義がはじまるといつも大笑い。
今まで気功の常識だと思っていたことが、次々に覆されていき、
あーこれで良いのだなあと、ふと想えるようになり。
今の気功協会の気功の考え方の、しっかりした柱が立ちました。

この時期におつきあいを始めたもう一人の方が、長谷川淨潤さん。
この方は、ある意味、何人もの先人の偉業をスーッと自然にまとめてしまった人。
中でも野口晴哉さんの整体、橋本敬三さんの操体法、ミルトン・エリクソンの現代催眠などを
見事に、そして、とてもシンプルに受け継いでいます。
長谷川淨潤さんとお会いしていても、やはり同じように、
あーこれで良いのだなと思える。
自然の原理がゆるぎなくそこにある感じがします。
心と体のつながりや仕組み、そしてその活用法など、本当に学ぶことがつきません。

また、あんのますみさんを通じての野口体操との出会いや、
野口三千三さんの著作からの受け取る自然のメッセージもこの時期に大きく、
あーなるほど、やはりこれで良いのだなと想えました。

そうこうして、5年。
『気功入門』が春秋社から出版され。
こうして、培われてきたあたりまえが、もう一つ確信のもてるものになり、
また、だれものあたりまえになっていこうとしています。

今日の卒業式で、「仰げば尊し」を全員で歌いました。
その時になぜだか涙があふれてきました。
そう、この5年間は私にとって、とても大きな学びの期間でした。
すっと風が吹いて入り口のドアが開き、
窓から明るい光が柔らかく差し込み、
たくさんの故人の方も
この学びの区切りの式典を共に喜んでいるような気がしました。

私にとっては、西田天香さん、劉漢文さん、野口晴哉さん、
橋本敬三さん、野口三千三さん、などが頭に浮かんできます。
そして、『気功入門』は私にとってのこの5年間の学びの
卒業証書なのかもしれないなあと思いました。

天気もとても良く、
一燈園の不二苑(写真)も美しい春の香りがしていました。

|

« 春の三色 | Main | 気功でほっこり »

Comments

本当にいい学校ですよ。
初めて学校に行ってみた時に、
学校説明のビデオを校長室で観て涙しました。
またどうぞ見学にいらしてください。

Posted by: あまの | April 16, 2005 at 12:42 AM

一燈園をキーワードにネットサーフィンしてここにたどり着きました。ウチの子供も一燈園で学ばせたいなあと思ってます。

Posted by: ぽん | April 08, 2005 at 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27189/3359012

Listed below are links to weblogs that reference 一燈園の春・卒業式:

« 春の三色 | Main | 気功でほっこり »