« 気功で元気 | Main | 潔身法 »

禅密冥想への誘い

「気功の神髄」講座
第6回目のテーマは「明心見性」

こんなにも本質的でシンプルな冥想を他に知らない。

「明心」とは主として禅。
自分の感覚を用い、自分に役立てる自利の冥想法である。
陽光(大自然の気)を取り入れ、
自らの心をその基底部から明るく照らす。

「見性」とは主として密。
明心を基礎として、他人を感化する利他の冥想法である。
体内に満ち満ちた光は自発的な笑いの波となって、開花し、
あまねく全ての本性を照らし出していく。

これは、気功協会が行っている社会貢献活動の本質と完全に重なっている。
私たちは、「からだの自然が目を覚ます」ことを目的にしている。
それは、生命本来の自然の働き、
命の光り輝いている部分を見ていこうということである。

ところが、私たちはふと、影の部分に余分に気をひかれる。
自分を低く見過ぎたり、病や問題点ばかりを意識してしまいがちだ。

しかし、影は光がなければ無いもので、影のみが存在することはあり得ない。
そして、光が広がっただけ影は少なくなり、
どこもここも輝きだすと、影はほとんどゼロに近づく。

人のことでも、影の部分を拡大して見やすい。
影を見ようとすればするほど、光は少なくなる。

しかし、自分が輝いている人が見るのは常に、
相手の光に照らされて輝いている面なのだ。

光は光を呼び覚まし、
世の中全体が光輝くようになる。

まず、自分が輝いていること。
それが、明心の冥想である。

その光が伝わり、周りも輝き出すこと、
それが、見性の冥想である。

具体的な技法以前に、
まずその原理を知っておくことはとても重要だ。

|

« 気功で元気 | Main | 潔身法 »

Comments

素晴らしい。

Posted by: じゅんこ | September 03, 2005 at 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27189/5770595

Listed below are links to weblogs that reference 禅密冥想への誘い:

« 気功で元気 | Main | 潔身法 »