« エレメンタリー 二日目 | Main | 日舞稽古 »

エレメンタリー 2週目の課題

第2日目のエレメンタリー講座を終え、
これから一週間の自習テーマは、
「てあて」です。

「てあて」を感覚訓練として行なっていきます。
できればお互いに「てあて」をし合う相手をみつけて、
「お腹のてあて」、もしくは「背骨のてあて」をしていきます。
春は、お腹が整うと快適です。また、骨盤のシーズンですから、
仙椎や骨盤、手首、足首、肩甲骨、後頭部など、
生殖器に関係のある場所のてあても良いでしょう。

ポイントは、
まず、上半身の力、腕の力を抜いてゆるめること。
ゆるむと感覚が働き始めます。
次は、相手の体の声を聴こうとすること。
最低限、どんな呼吸をしているかを聴いてみてください。

できれば、全てを聴きます。
相手の無意識の情報を自分の無意識で受け取っていくような感覚です。
頭をゆるめて、ポカンとして、ただ受け取ることに集中します。

カウンセリングと同様に、ただ聴き、同調していきます。
感度の良いアンテナをたてて、ありままのすべてを受信していくのです。
それは、自分に無い他の人の感覚を学んでいくことにもなります。
結果として、自分の感覚が豊かになっていきます。

同調するための技術として、
自分の癖を1つ捨てるということがあります。
座り方とか、首の角度とか、自分の得意な体勢をどこか1つ変えておくと、
自分の枠が外れ、同調しやすくなります。

できれば、いろんな方と「てあて」しあってみてください。
お互いの感覚を学びあい、高めあっていく訓練として行なっていくことが大切です。

感覚は年齢に関わらず、
一生涯高め続けていくことができます。

健康ということも
感覚が高まった結果としてあります。

|

« エレメンタリー 二日目 | Main | 日舞稽古 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27189/8612796

Listed below are links to weblogs that reference エレメンタリー 2週目の課題:

« エレメンタリー 二日目 | Main | 日舞稽古 »