« 気功の学校・気楽編 三十二  | Main | 気功の学校・気楽編 三十四  »

気功の学校・氣楽編 三十三

Takigozen

気功協会の第一回「遠足理事会」が開催されました。
二〇〇八年度の新しい役員の顔合わせを兼ねて、
京都嵐山の松尾大社にお参りし、
松尾山を歩いて楽しもうという企画です。

当日は京都駅前の多目的スペース「コトミナ」に九時半に集合。
「コトミナ」は、理事のゆうちゃんが
借家の一階を自力で改装して作ったスペース。
蜜蝋を塗った木の床がなかなかの雰囲気。
ふと玄関に並んだ靴を見ると、
なんと五足がSOU・SOUの足袋ぐつ。
山歩きも街歩きも両方こなすすぐれものです。

Sousoutabi

京都駅からバスにゆられて約四十分。
桂川を渡り、急に山が近くなったら松尾大社前です。
秦氏が代々神職を務めてきた古社で、
元々は山上の磐座で祭祀が行われていたのだそうです。
目指すはその磐座です。
本殿でのお参りを済ませ、
本殿右手の入口から
以前は禁足地であった松尾山山中に入っていきます。

Iriguchi

アスファルトの道は猛暑の中の照り返しでうだるようでしたが、
山中は比較的涼しくて快適。
二二三メートルと標高はさほどでもありませんが、
途中の見晴台からの眺めも良く、
山上の磐座付近もなんだか落ち着ける空間でした。
山中で特に印象的だったのは、
「水元さん」と呼ばれている水源地。
井戸のように囲われた中に白石が敷き詰めてあり、
そのあたりからちょろちょろと水が湧き出していて、
小さな川になって流れていきます。
その水元さんの奥がまあるく開けた空間になっていて、
まん中に杉のご神木があります。
やわらかく森に抱かれたような独特のやさしさが心地よく、
ついつい長居してしまいます。
何度もここに来ているゆうちゃんは、
あんまりゆっくりしていたら
入山受付の人から携帯に電話がかかって来たことがあったそうです。
入山時に住所氏名と携帯番号を書き、
「登拝許可証」と「小忌衣」とをもらいますが、
どうやら入山から三時間を越えると携帯に電話がかかってくるみたいです。

ちなみに入山料は初回が千円、
リピーターは三百円で、宝物館の拝観料を含んでいます。
一人では入山できないので、お友達をさそってどうぞ。

この宝物館には三体の神像が安置されていて、
案内のおじさんの悦に入った説明を拝聴して参拝を終えます。
おじさんのお話は
中央に安置されている中津島姫命(なかつしまひめのみこと)、
別名、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の神像に集中します。
市杵島姫命と言えば宮島の厳島神社が思い浮かびますね。
水上に浮かぶようにして、背後の弥山に磐座を持つそのスタイルは、
亀の井の名水と山上の磐座で有名な松尾大社とどこか似ています。
これで山門にたくさん供えられていた「しゃもじ」の謎が解けました。

Matuotaki


阪急松尾駅前のフルーツパーラーで遅めの昼食をとって解散。
満足度の高い遠足理事会でした。
解散後数名は四条河原町のSOU・SOUへ向かった模様で、
「ぼくも買ってしまいました」とのメール。
これで理事総数の七割以上が足袋ぐつ所有者となったようです。

|

« 気功の学校・気楽編 三十二  | Main | 気功の学校・気楽編 三十四  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 気功の学校・気楽編 三十二  | Main | 気功の学校・気楽編 三十四  »