« 通信講座Self 第6期 | Main | 気功の学校・気楽編 三十五  »

気功の学校・百草園

2008年度二回目の東京講座が
週末の10/5(日)に開催されます。

7/5に南大沢で行われた「気功の学校」受講生の
アンコールで開催が決定。
秋の入り口に、徹底的なゆるみを体験し、
心身をすっきり整えていく講座になりそうです。

講座のメインは「穴追い」と呼ばれる
頭部から始まる「てあて」です。
一度体験してみると判ると思いますが、
穴追いを終えると、
ストンと全身の力が抜けて
その場に眠り込んでしまいたくなるぐらいに
ものすごくゆるみます。

気功の技法は、その大部分がゆるみの技術ですから、
自分でする気功と、お互いにする穴追いとを組み合わせると、
初めての方でも比較的スムーズに大きなゆるみを体験できます。

また、季節の変わり目は体のトラブルも多いものですが、
様々に現れる症状そのものは、むしろ体を整えるために生じているので、
体がスムーズに変化していけるように、
余分な体の緊張をほぐし、
心のブロックをほどいてあげることが大切になります。

難しいのは心をほぐしていく方ですね。
でも、本格的に体が変わる時は、必ず心の変化を伴うので、
心をほぐし、整えていく簡単で確実な方法が欲しいとずっと思ってきました。

そんななかで出会ったのが穴追いです。
大きな精神的ショックや、とてもイヤだったこと、腹立たしかったことなどが
ここ一年ぐらいの間にあった場合には、穴追いは特に効果的です。

こうした、人間の潜在した負の感情をクリーニングしていくことは、
心理学の世界でもなかなか難しいことですが、
穴追いという整体の技法を通じて、比較的簡単に実現できるというのは
とても素晴らしいことではないかと思います。

いかにして心を整えるか
ということが、
21世紀最大のテーマですが、
その回答のひとつがここにあるような気がします。

もちろん心だけでなく、
体も大きく変わります。

どうやら変化の大きさは、
ゆるみの深さと比例しているみたいです。

気功の基本プロセスは
ゆるむ
→感じる
→自然に動く
ですが、

ものすごくゆるむ
→ものすごく感覚が高まる
→ものすごく自然の働きが高まる

そういう仕組のようです。


初体験の方は楽しみにしていてください。


それから、今回は
「眠り」についても
簡単にまとめてお伝えします。

深いことを
できるだけシンプルに伝えていく。
それが気功の学校のレッスンです。

今日の時点であと3名受講枠があります。
詳細は講座案内をごらんください。

ご参加をお待ちしています。

|

« 通信講座Self 第6期 | Main | 気功の学校・気楽編 三十五  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 通信講座Self 第6期 | Main | 気功の学校・気楽編 三十五  »