« 目次 | Main | 見本が届きました »

自然な体がよみがえる

8/28-29 京都山科。
恒例、出口衆太郎先生の自然身法サマーセミナー
「気功と風水」がありました。

参加者も全国各地から京都へ結集。
今年はテーマ内容が絞られていたこともあり、
充実した講座になりました。

特に大きな収穫だったのは、
ゆるんだ体から生まれてくる心の動き。
東西南北天地人、七方向へ、
ゆるみつつ、感覚を開いて、自然な動きをくり返していると、
ありがたい気持ちや、いとおしさ、生きているよろこびや、幸せな感じが
じわ〜っとこみあげてくる。
しとやかな動作から生まれてくる
そのなんとも言えない、
心の豊かさのようなものを
初心者も含めて、大部分の参加者が感じ取っていたようなのです。

出口先生、参加者のみなさんありがとうございました。


----------------------------------------------

さて、今回の講座に関連して
新刊『気功の学校』の内容に少しふれておきます。

自然ということの、つきない深さについてです。
サブタイトル「自然な体がよみがえる」は
どちらかというと営業サイドの意見から採用されましたが、
そう決まってみると、
気功のポイントがとても明確になって良かったような気もします。

気功を続けていくことは、
自然な習慣を身につけていくことです。

自然な体の使い方、
自然な心の使い方、
そうしたものに繰り返しなじみ、
不自然な習慣は、できるだけ減らしていきます。

無理な鍛錬や修練はかえって心身を蝕むことがあります。
精神性を強く求め過ぎるのもとらわれが強くなるので危険です。

今までの気功の歴史の中では、
そうした過ちがくり返されてきました。
気功だけでなく、社会全体も、
求め過ぎ、やり過ぎてきたことの反省がはじまっています。

これから必要なのは、
ごく普通の、あたりまえの気功です。

余分な力を抜いてゆるむ。
全身に感覚を行き渡らせる。
心も体も自然に動いていく。

そうして、自然に動く習慣ができると、
心も自然に動いてきます。

その自然というものが、とても深い。
最終章「自然の力に目覚める」では、
心が持っている自然の大きな力について
まとめています。

大切なのは、それが体の動きや、感覚の深まりと
つながりあっていること。
詳しくは、新刊『気功の学校』を
1時間目から7時間目まで、
一気に、通して読んでみてください。

とても自然で基本的なことですが、
かなり画期的なことが書いてあるのではないかと思います。

自分で読んでいても面白いです。


------------------------------------------------
もう予約されましたか。
予約購入は、気功商店街からどうぞ。

|

« 目次 | Main | 見本が届きました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 目次 | Main | 見本が届きました »