« 6時間目の予習 | Main | 気功の学校・氣楽編 四十七  »

7時間目の予習

新刊『気功の学校』
7時間目のレッスンは、
自然の力に目覚める。

「願いをかなえて幸せになる」ための時間です。

Mikanchan


伝統的な気功の中で
「人天合一」と言われてきた
気功の最終的な目標があります。

「天人合一」とも言われますが、
師匠の劉漢文先生は、
人→天
の順序に特別な意味を持たせていました。

まず「私」から始める、
そこに気功の真意があるのだと。

「先天に還る」という表現も
ほぼ同じことを指しています。

そうして暗示的に使われる言葉の中に
隠されてきたごくありふれた重要な真実があります。

特殊な能力ではなく、
だれもがあたりまえに持っている心の力、
それが「願いをかなえる」ということ。

7時間目まで読み終えてみると、
世の中の見え方がちょっとだけ
変わっているかもしれません。

|

« 6時間目の予習 | Main | 気功の学校・氣楽編 四十七  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 6時間目の予習 | Main | 気功の学校・氣楽編 四十七  »