« 3時間目の予習 | Main | 5時間目の予習 »

4時間目の予習

新刊『気功の学校』、四時間目の授業は
「気功をやってみよう」。

Eda

講座「気功の学校」でいつもやっていることの中から、
やさしくて簡単に覚えられる気功を厳選しました。

気をつけておきたいのは90ページの、あくびの絵です。
私が実際にあくびをしているところを吉田が絵にしているのですが、
このページにくると、思わずゆるんで眠たくなってきます。
そこで、おすすめは、
本文の流れにそって、
しっかりと三回大きなあくびをすることです。

あくびをしておくと、
次に、読み進んでいくことができますが、
あくびをしないまま読み進むと、
潜在意識に、あくびの印象が残っていますから、
ふわ〜っと眠たくなってくる。
それも自然でいいのですが、
これから運転をするとか、集中が必要な時にはこまりますから、
しっかりとあくびで頭をゆるめておく。
できれば、続けて首まわしもしておくと、
頭の疲れが抜けて、また集中できるようになります。

このように、潜在していた疲れが表に出てくると、
一時的にどっと疲れたようになることがありますが、
必要なところを十分にゆるめてあげれば、
疲れは抜けていくものなのです。

4時間目は
一つ一つ、実際に試してみながら、読み進めてください。

一度体験したことは、体がしっかり覚えていてくれて
必要な時には思い出してくれます。

|

« 3時間目の予習 | Main | 5時間目の予習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 3時間目の予習 | Main | 5時間目の予習 »