« 京大入試 | Main

朝日カルチャー京都 3/13 (1)

3/13、地震直後に天野が初めて話した
講座のテープおこしをしました。

何度も涙が出た、記念碑的な講座です。
読みながら、いっしょにやってみてください。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     @朝日カルチャー京都 2011/3/13 天野泰司

(出席をとったのは)こうして一人一人が今ここにいられることがどれだけありがたいか、
そのことの確認なんです。

連絡がとれない方が未だにたくさんあり、
こうして「いらっしゃいましたね」と確認できるありがたさ。
私たちが毎日ありのままに過ごしている日常がどれだけありがたいことか改めて思います。

被災された方々の一刻も早い回復を願うばかりですが、
同時に、遠くにいる私たちがどういう気持ちを被災された方にあつめていくか、も
とても大きなこと。

ネット上で日本の状況が大きく報道されていて、
観測史上最も大きいだろうといわれる地震があって、混乱があるにもかかわらず
日本人は秩序を守って、お互いを助け合って
さまざまな支援が自然に行われていることに、世界中が注目している状況にあります。

私たちが個人として、日本の中の一人として、また人類の一人として
どういうふうに立っていくのかを心に留めて、
生活をしていくことが大きな支援になることを思い、最初に少し瞑想をしていきます。

[左右ゆらし]…体を左右に、ゆっくりとゆらしながら

テレビを見ていると、何度も辛い映像が繰り返し放送されます。
でもそれは、今ではない。その場にいる人達は次のステップに移っている。

不安や心配が重なっていくと、その気持ちがより相手を不安にさせてしまう、
ということがあります。
では明るい気持ちでいたらいいのか、というとそういう訳でもない。

ただ何もない、できるだけ澄み切った心の状態に近づけていきます。

晴れ渡った、何もない感じをできるだけ作っていく、
そのことを瞑想といいます。
心に浮かんできたいろんな情景、悲しみ、不安、そうしたものを
ひとつひとつきれいにしていきます。

左右に揺れていると、感情のゆれが自然に出てきます。
出てくると、感情のとどこおりが消えていきます。
ある感情にずっととどまっている、不自然な状態から
次々に感情が動いていく、自然な状態に戻っていきます。
ただ、まかせていく。
その中で、できるだけ澄んだ感じを見つけていく。
もともと澄んでいる。

ゆっくり止まっていって、まだ体に残っている感情の波を
もう少し洗い流していきます。


[顔をなでる]…ゆっくり顔をなでるように、洗っていきます。

心の波はまず表情に出ますね。習慣化した感情の固定は、
表情を作っていく元になっています。
顔全体をゆるめて。
なでながら、いろんな動きが出てきたりしますので
自然にまかせていきます。

やわらかく、おだやかに。
元々の、ゆるんでいる感じを取り戻していきます。

私がゆるんでいく、ということは
私だけではなくて、私のまわりの人もゆるんでいく。
そうして遠く離れたどこかの人にも、
そのゆるみは、実は伝わっている。

[頭をなでる]…そのまま、頭をなでます。

[胸をなで下ろす]…手を重ねて、
息を吐きながら、ゆっくり胸の前をなでおろします。

だんだん心の落ち着いていく感じ、
そして、心の澄んでいく感じを味わっていきます。

新聞、テレビを見て知ったことであっても、
そのことで大きく心を痛めたり、
不安や心配が高まっていくことがあります。
そういう、心にひっかかるものは、体の緊張となって現れます。
繰り返しおだやかに、こうして体をなでたり
手をあてたり、していくことで
不要な緊張、ずっと続けていなくても本来かまわない、
本来は流れている、自由に動いている
そういう自然な動きを取り戻していきます。

私たちであればやさしくできますが、
渦中にいる方に同じようにやってください、というのは
なかなか難しい。
こうやって、まわりで見ている人が
心を落ち着けて、冷静に対応していく重大さ。
非常に大事な感じが、今、あります。

ひとりひとりが、
だんだん、静かな感じになっていく。

そして、日本全体が静かな感じになっていく。
そして、その静かな波が地球全体に広がっていく。

ほっと胸をなでおろす感じ。

胸に手をあてたまま、楽にゆっくり、息をします。
[首をなでる]…ゆっくり手を離して、首筋をなでます。
あごのあたりから、首の前のほうへ。

[自由に動く]…体をゆるめ、おだやかな波の中に漂います。

自然の流れにまかせて、澄んだ感じ、透き通った感じ、何もない感じ。
そこに戻っていきます。
気持ちよく。


私たちはみんな、同じ一つのいのちの流れの中にあります。
そして、それぞれの波の中に。
それは体が、こうして全体として揺れているのと同じ。
体全体が一つの波の中にあり、体の部分部分がそれぞれの波の中にまたある。

それぞれの自分の役割がある。
大きな流れの中で、どこかひとつでも欠けることができない。
本来の流れというものを思い出して、ただ無心に
澄んだ感じに戻って、おだやかに、その流れに身をまかせるように。

だんだんにゆるみが深まっていきます。
ひとつひとつ、こわばっていた感じが抜けて
もともとの自由な感じ
元々の生き生きとした感じ
元々のまっさらな感じ
元々のやわらかな感じ
元々の暖かな感じ
元々の豊かな感じ
元々の、元々のなかにもどっていきます。


[瞑想]…少しずつ揺れが小さくなって、掌をおなかのあたりに合わせていきます。
形はとくにありません。落ち着いた、安定した感じがあれば結構です。
背骨をすーっとまっすぐに、ゆるんで、すーっとぶらさがるような感じで
わずかな揺れが残っています。
視線は遠くを見て、おだやかに閉じる。

呼吸はゆっくり、自然な呼吸で。
おだやかにゆっくり、息を吐いては、また気持ちよくおだやかに息を吸い込む。

心の中は、何もない感じ。ただ、澄んだ感じだけがあります。

…改めて、自分を抱きしめていきます。
手を開いて、遠くから自分を抱えるようにして、
胸に、またはおなかに、手をあてたい場所に手を重ねます。

楽に息をしながら、体の中をゆるめていきます。
ゆったりした呼吸を感じて、体の中の自然な動きを感じて。

ゆっくり手を下ろして、ぽかん。
静かに目をあけます。

掌をこすり、顔をなでて、胸を撫で下ろす。
最初と同じことをもう一度やってみた時に、すーっと通る感じがあればいいです。

瞑想というのは、例えば
どなたかが元気になりますように、というような願いがあったとしても
そのままその願いをもってくるのではなくて、
その人と波をなんとなく合わせた中で、できるだけ真っ白にしていく
ということの繰り返しなんです。
今回も非常に大きなことですから、なかなか
真っ白にしていくのは大変な面がありますが、
繰り返しみなさんが続けてやっていただくことが、
大きな力になります。

後半は少し立って動いていきましょう。(前半 了)

|

« 京大入試 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 京大入試 | Main