太極棒でふりこ

Taifuriko

身のこなし・本編 一日目

太極棒を使ったレッスン。

棒を持ってふりこをしたり、
円を描くように動いたり、
これはなかなか、
新鮮な感覚でした。

例えば、
棒を持つことで、
重みがはっきりして、
ふりこ(スワイショウ)の、
腕がぶら下がっている感覚が
とてもはっきりします。

また、道具を持っていると、
いい加減な身体操作は自ずとできなくなり、
正確な動き方をすることの意味がよく分かります。

参加者の感想で、なるほどと思ったのは、
左右のアンバランスに気付きやすいということ。

棒の中心に自分のセンターを合わせて動くことで
体の軸がぶれにくくなりますし、
下丹田の感覚はとてもはっきりしやすいので、
太極棒を持ってゆっくり動くことは、
丹田力をつけるのにも良い方法です。

まだまだ、たくさんありますが、
一本の棒の活用範囲が広いことに改めて気付かされます。

その他に

物の持ち方、
持ち上げ方、下ろし方、
運び方、方向転換の仕方

寝ころび方、起き上がり方、

立った時の
ゆるみと芯の感覚。

身のかわし方。
順動での押し方。

などなど、

昼休みには、
立山、ニュージーランド、富士、カッパドキア、与論島など
出口さんが今まで行ってきた観気旅行のスライドショーもあり、

豊富なメニューで楽しい一日でした。

基本的なことを学ぶことがなぜ大切か
ということを書きわすれていましたが、
私たちは、学んだこと全てを必ず覚えていて、
その学んだことが潜在意識の中でずーっと働いているのです。

ですから、基本を飛び越えて、
いろんな気功のパターンをあれこれたくさん覚えることは、
意味が無いばかりではなく、
間違った体の使い方のまま覚えた全てのことは、
間違った体の使い方を
潜在意識にどんどんインプットしていることになってしまうのです。

指導者でも自然の動きができている人が意外に少ないのは
そのためで、
出口さんに
こうした身体操作の基本を習う機会というのは
大変貴重です。

今日は金沢から飛込参加の方がありました。
明日は、太極棒の復習を含め、
歩き方、波動功、内功、なども加わり、
三線の生演奏に合わせての気舞も予定しています。
楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身のこなし・本編

出口衆太郎さんの
「自然身法・身のこなし」

いよいよ明日、明後日、7/16〜17です。

気功にもよく見ていると自然な気功と不自然な気功とがあります。
本来は全て自然なものですが、
同じ気功という名前の中に不自然なものがたくさん入り込んでいるのです。
そして、気付いてみると
気功と呼ばれているものには
むしろ不自然なものの方が多くなってしまったような気がします。

ですから、ホンモノとニセモノをよく見分けて、
自然な気功を選んで練習していく必要があるのです。

自然な気功をしていると
生活も自然になっていきます。

日常の身のこなし、
立ち方、歩き方、座り方、眠り方、物の持ち方など
普段の動作や姿勢がナチュラルで美しく、
無駄がなく、効率良いものになる。

今回は特に
中心感覚と身のこなし
を中心の軸に据え、
身体感覚を練っていきます。

中心と言っても、
漠然としたイメージではありません。
そのことをはっきり実感してもらうために
太極棒を使います。
手作りの太極棒も数本持っていきます。

初心者歓迎です。
実力アップにも最適。

出口さんの集中レッスンは収穫がたくさんあります。
当日飛込OKです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身のこなし・基本編

7/2(日)13:30〜16:30
身のこなし・基本編

7月に入りました。
この夏のメイン講座「身のこなし」がスタートします。

気功は特別なものと思っているならそれは間違いです。
また、気功の動きと生活の動きは別と思っているのも違います。

今回の「身のこなし」講座では、
気功の動き方の原理を正確に身につけることで、
日常生活の所作や身のこなしが楽になり、
省エネで合理的に動け、
動いても疲れにくく、
安定してふらつかず、
しっかり動ける。
そのあたりをめざしていきます。

基本編7/2のテーマは
上虚下実

出口衆太郎さんの本編
7/16-17 のテーマは
中心感覚

暮らしに応用できる気功は本物です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)