朝日カルチャー京都 3/13 (1)

3/13、地震直後に天野が初めて話した
講座のテープおこしをしました。

何度も涙が出た、記念碑的な講座です。
読みながら、いっしょにやってみてください。(純)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     @朝日カルチャー京都 2011/3/13 天野泰司

(出席をとったのは)こうして一人一人が今ここにいられることがどれだけありがたいか、
そのことの確認なんです。

連絡がとれない方が未だにたくさんあり、
こうして「いらっしゃいましたね」と確認できるありがたさ。
私たちが毎日ありのままに過ごしている日常がどれだけありがたいことか改めて思います。

被災された方々の一刻も早い回復を願うばかりですが、
同時に、遠くにいる私たちがどういう気持ちを被災された方にあつめていくか、も
とても大きなこと。

ネット上で日本の状況が大きく報道されていて、
観測史上最も大きいだろうといわれる地震があって、混乱があるにもかかわらず
日本人は秩序を守って、お互いを助け合って
さまざまな支援が自然に行われていることに、世界中が注目している状況にあります。

私たちが個人として、日本の中の一人として、また人類の一人として
どういうふうに立っていくのかを心に留めて、
生活をしていくことが大きな支援になることを思い、最初に少し瞑想をしていきます。

[左右ゆらし]…体を左右に、ゆっくりとゆらしながら

テレビを見ていると、何度も辛い映像が繰り返し放送されます。
でもそれは、今ではない。その場にいる人達は次のステップに移っている。

不安や心配が重なっていくと、その気持ちがより相手を不安にさせてしまう、
ということがあります。
では明るい気持ちでいたらいいのか、というとそういう訳でもない。

ただ何もない、できるだけ澄み切った心の状態に近づけていきます。

晴れ渡った、何もない感じをできるだけ作っていく、
そのことを瞑想といいます。
心に浮かんできたいろんな情景、悲しみ、不安、そうしたものを
ひとつひとつきれいにしていきます。

左右に揺れていると、感情のゆれが自然に出てきます。
出てくると、感情のとどこおりが消えていきます。
ある感情にずっととどまっている、不自然な状態から
次々に感情が動いていく、自然な状態に戻っていきます。
ただ、まかせていく。
その中で、できるだけ澄んだ感じを見つけていく。
もともと澄んでいる。

ゆっくり止まっていって、まだ体に残っている感情の波を
もう少し洗い流していきます。


[顔をなでる]…ゆっくり顔をなでるように、洗っていきます。

心の波はまず表情に出ますね。習慣化した感情の固定は、
表情を作っていく元になっています。
顔全体をゆるめて。
なでながら、いろんな動きが出てきたりしますので
自然にまかせていきます。

やわらかく、おだやかに。
元々の、ゆるんでいる感じを取り戻していきます。

私がゆるんでいく、ということは
私だけではなくて、私のまわりの人もゆるんでいく。
そうして遠く離れたどこかの人にも、
そのゆるみは、実は伝わっている。

[頭をなでる]…そのまま、頭をなでます。

[胸をなで下ろす]…手を重ねて、
息を吐きながら、ゆっくり胸の前をなでおろします。

だんだん心の落ち着いていく感じ、
そして、心の澄んでいく感じを味わっていきます。

新聞、テレビを見て知ったことであっても、
そのことで大きく心を痛めたり、
不安や心配が高まっていくことがあります。
そういう、心にひっかかるものは、体の緊張となって現れます。
繰り返しおだやかに、こうして体をなでたり
手をあてたり、していくことで
不要な緊張、ずっと続けていなくても本来かまわない、
本来は流れている、自由に動いている
そういう自然な動きを取り戻していきます。

私たちであればやさしくできますが、
渦中にいる方に同じようにやってください、というのは
なかなか難しい。
こうやって、まわりで見ている人が
心を落ち着けて、冷静に対応していく重大さ。
非常に大事な感じが、今、あります。

ひとりひとりが、
だんだん、静かな感じになっていく。

そして、日本全体が静かな感じになっていく。
そして、その静かな波が地球全体に広がっていく。

ほっと胸をなでおろす感じ。

胸に手をあてたまま、楽にゆっくり、息をします。
[首をなでる]…ゆっくり手を離して、首筋をなでます。
あごのあたりから、首の前のほうへ。

[自由に動く]…体をゆるめ、おだやかな波の中に漂います。

自然の流れにまかせて、澄んだ感じ、透き通った感じ、何もない感じ。
そこに戻っていきます。
気持ちよく。


私たちはみんな、同じ一つのいのちの流れの中にあります。
そして、それぞれの波の中に。
それは体が、こうして全体として揺れているのと同じ。
体全体が一つの波の中にあり、体の部分部分がそれぞれの波の中にまたある。

それぞれの自分の役割がある。
大きな流れの中で、どこかひとつでも欠けることができない。
本来の流れというものを思い出して、ただ無心に
澄んだ感じに戻って、おだやかに、その流れに身をまかせるように。

だんだんにゆるみが深まっていきます。
ひとつひとつ、こわばっていた感じが抜けて
もともとの自由な感じ
元々の生き生きとした感じ
元々のまっさらな感じ
元々のやわらかな感じ
元々の暖かな感じ
元々の豊かな感じ
元々の、元々のなかにもどっていきます。


[瞑想]…少しずつ揺れが小さくなって、掌をおなかのあたりに合わせていきます。
形はとくにありません。落ち着いた、安定した感じがあれば結構です。
背骨をすーっとまっすぐに、ゆるんで、すーっとぶらさがるような感じで
わずかな揺れが残っています。
視線は遠くを見て、おだやかに閉じる。

呼吸はゆっくり、自然な呼吸で。
おだやかにゆっくり、息を吐いては、また気持ちよくおだやかに息を吸い込む。

心の中は、何もない感じ。ただ、澄んだ感じだけがあります。

…改めて、自分を抱きしめていきます。
手を開いて、遠くから自分を抱えるようにして、
胸に、またはおなかに、手をあてたい場所に手を重ねます。

楽に息をしながら、体の中をゆるめていきます。
ゆったりした呼吸を感じて、体の中の自然な動きを感じて。

ゆっくり手を下ろして、ぽかん。
静かに目をあけます。

掌をこすり、顔をなでて、胸を撫で下ろす。
最初と同じことをもう一度やってみた時に、すーっと通る感じがあればいいです。

瞑想というのは、例えば
どなたかが元気になりますように、というような願いがあったとしても
そのままその願いをもってくるのではなくて、
その人と波をなんとなく合わせた中で、できるだけ真っ白にしていく
ということの繰り返しなんです。
今回も非常に大きなことですから、なかなか
真っ白にしていくのは大変な面がありますが、
繰り返しみなさんが続けてやっていただくことが、
大きな力になります。

後半は少し立って動いていきましょう。(前半 了)

| | Comments (0)

2009遠足総会 千二百年の峰から

2009年5月31日
NPO法人気功協会の総会が比叡山で開催されました。

11:00から延暦寺会館のロビーで受付、11:30に樹林の間に移り
5才から78才までの32名が小さな円になって会議がはじまりました。
L1110205

今回の議題の中心は、事務所のお引っ越し。
2009年7月22日に
京都市左京区北白川伊織町34-3
の町家に事務所を移転する

ことが、
移転にかかる改修や引越の予算も含めて
満場一致の拍手で承認されました。

会議を終えて、精進料理の昼食をとりながら簡単な自己紹介。
食後は、腹ごなしの気功と
山を楽に歩くためのてほどきを少々。

登りは、持ち上げる足をできるだけゆるめて、
下りは、股関節をゆるめて重心を落とし、
一歩一歩動きを止めず連続したひとつながりの動きに。
急な登り下りは、胴体の伸び縮みを使って、
全身の力を上手に利用する。

最後に、今年度に「やりたいなあ」と思うことを
みなさんに過去形で紙に書いてもらって
延暦寺会館での2時間はあっという間に過ぎました。

参加者が一人増えて33名になり、
根本中堂にお参り。
先ほど書いてもらった「やりたいこと」をご本尊さんの前にそっとおそなえして、
てあての気持ちでのお参りをみなさんでしました。
根本中堂は、仏様と参拝者との高さが同じになるようにつくられていて、
高いも低いもないということが暗示されている珍しいお寺ですが、
普通に参拝される方は、自分より高貴な存在の仏様にお願いする
という気持ちでお参りされているのではないかと思います。

ところが、お願いにあたることはもう既に
過去形で紙に書いてお供えしてありますから、
それ以上にお願いする必要もありません。
ただポカンとして、無心に手をあてているのと同じような心持ちで
同じ高さの仏さんと向き合う。
そうすると、そこに仏さんとのお互いの気の交流、
いわゆる「入我我入」がおこります。
ただそっと座り、てあての気持ちになって手を合わせ、
自然に手が離れたような感じがしたらそれでお参りも終わります。

根本中堂のお参りを終えて、
戒壇院の前で気功をしました。
桓武天皇の助力により、
南都奈良に一極集中していた僧侶の資格認定制度の弊害に風穴を空け、
天台独自の基準により僧侶の資格を出すことが可能になったことは
当時とても画期的な出来事だったと思います。
そのおかげで、
比叡山からは、法然、親鸞、一遍、日蓮、道元、栄西など現代日本の仏教の礎を創った
改革僧が次々と巣立っていきました。
そのことに思いを馳せ、
ふりこからはじめ、
天地を貫き、気を広げたり収めたりして、
からだにまかせて自由にゆっくり舞うような気功をしました。

Kaidanin

午前中の曇り空がうそみたいに晴れて、
杉木立からのの木漏れ日が綺麗でした。
写真で観ると大きな光の球が集まっているみたいですね。

バスやケーブルでの下山組はここで解散。
午後2時半頃にケーブル比叡山駅を通過。
しばらく砂利道を下り、
千日回峰行の中心、無動寺明王堂にお参りして般若心経を唱える。
東海自然歩道を歩いて途中、手をつないで気を一つにめぐらせる。
桜の茶屋跡からトンネルをくぐって
音羽川に添った谷筋の林道を下り、
大鳥居から京都一周トレイルの道標と
造形大マンデーワークショップの赤→に添って
瓜生山山頂、そして白幽子巖居跡へ。
禅病で苦しんだ白隠は、この北白川山中に白幽子を訪ね、
内観気海丹田の法を習い、回復した旨が看板に記されている。

ざっくり簡単に言うと、
ここで白幽子は白隠に
ゆるむことの大切さを伝えたことになります。
修行に一生懸命になりすぎているのだから
心身をゆるめて、自然に丹田に気が集まるようにしなさいということです。
そのあたりのことが白隠の『夜船閑話』に記されているので、
本を読んで実行してみた人が大勢いるのではないかと思います。
すると、ここは日本の気功の発祥地とも言える。
そんな話をして、
思い思いにただゆるむという気功をみなさんとしてみました。

さらに尾根筋を歩いて、
7時前京都造形芸大の屋上に全員無事到着。

気功協会の新しい事務所はもうすぐそこです。
そして、契約そのものは翌日の6月1日スタート。
奈良の仏教界の堕落と腐敗に立ち向かい
聖徳太子が篤く敬った仏教の原点に立ち戻ろうとした
比叡山の千二百年の不滅の法灯。
その灯りを心の中にうつして、
みなさんと歩いて麓まで運んで来たような気持ちがして、
心も体もとても自由で軽々とした感じがしました。

眼下に広がる京の町を見下ろして解散。
近くのレトロな銭湯、白川温泉に入って垢をおとし、
帰路につきました。

とてもシンプルで充実感のある遠足総会でした。

| | Comments (0)

春の入会キャンペーン Special

2007年度の新入会員を募集します。

4月入会
の方は、2冊の本とCDから
お好きなプレゼントを一つ選べます。

・『からだの自然が目を覚ます 気功入門』春秋社
・新刊『うごいてやすむ 幸福になる気功』春秋社
・CD『Self Sound for 気功』rimacona-lab

入会申込時に、ご希望の本かCDをお書き添えください。

ご入会はこちらからどうぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)